オマーン旅行で食べたいごはん


2
画像参照元:nebulux

オマーンに旅行に行ったら、ごはんはぜひ現地オマーンの料理を食べるのがおすすめです。

オマーン料理は、地域ごとに料理の種類が異なるので、首都のマスカットでも色々なレストランで様々なオマーン料理を楽しむことができるのが特徴です。

イスラム教の国という事もあり、料理には鶏肉や羊肉を利用するのが一般的です。またオマーン湾に面しているので、そこで獲れる新鮮な海鮮を利用して作られる料理もあります。

この国の代表的な海鮮料理はというと「サメ料理」です。

サメは食材としてスープやハンバーガーのお肉などとして使われており、一般的に食べられています。また、中東やアラブ圏の影響だけでなくインド料理にも影響を受けておりプロタと呼ばれるナンのような料理もあります。

家庭で食べられる料理でこの国を代表するのは、カブリという料理です。カブリは、お米やお肉、野菜や卵などを香辛料で味付けしたチャーハンやインドのビリヤニのような料理です。

また料理だけでなくこの国は国民飲料と呼ばれるほど、コーヒーが普及しています。普通のコーヒーだけでなくオマーニーコーヒーと呼ばれるコーヒーで、カルダモンやサフランのパウダーが入っているのが特徴です。

オマーニーコーヒーは、デパートやスーパーなどで購入することができるので、お土産などにも適しています。この国で旅行する際は、様々な国の料理を食べることができますがぜひ現地のごはんを味わうことをおすすめします。